自己破産で借金がなくなった

会社員の夫と結婚して平穏に暮らしていましたが、夫が会社を辞めてレストランを経営したいと言い出しました。私は猛反対しましたが、夫は勝手に会社をやめてきてしまいました。その後数百万円の借金をしてレストランを始めました。しかし上手くいかず赤字経営が続きました。消費者金融で借金を重ねて経営していましたが遂に倒産しました。

 

その後消費者金融からの取り立てにおびえる事になりました。返せるお金は全くなくて途方に暮れていました。兄から無料の弁護士事務所があると教えてもらいました。弁護士費用もなかったので無料ならと訪れてみる事にしました。弁護士の方に親身になって相談にのってもらえました。裁判所に自己破産の申し立てをしたらどうかと提案されました。

 

私は弁護士の方に全てをお願いしました。書類を作成して貰って、地方裁判所に自己破産の申し立てをしました。本当に自己破産出来るのかとても不安でしたが、2か月ほどしたら免責許可が出たと弁護士から電話を貰いました。

 

全ての借金がゼロになり、主人と泣いて喜びました。現金もわずかしかありませんが、主人と一から人生をやり直していきたいと思っています。二人で一生懸命働いて生活を立て直すつもりです。

 

迷いましたが自己破産を選びました

父親が興した建築会社を継いでいましたが、数年前に経営が悪化して債務整理を行いました。その後、取引先への借金を減額してもらうことによって、何とか仕事を続けてきました。しかし今年に入って再び経営がうまくいかなくなり、自己破産しか残されていないのではないかと考えるようになりました。

 

ただ自己破産をすると家や車も手放さなければならず、周囲からも白い目で見られてしまうのではないかと不安になりました。そこで借金問題に詳しい弁護士に相談をしたところ、借金の総額や経営状況などを考えて、自己破産しかないと言われました。多くの人に迷惑をかけることはわかっていましたが、厳しい取り立てがつらくて不眠症にもなったので、自己破産を選ぶことにしました。

 

弁護士に手続きの代行をしてもらったので、自分では事務手続きをする必要はほとんどありませんでした。当然ながら所有していた家や車、その他の価値のあるものは差し押さえされたので、ほとんど物を持たない生活になってしまいました。

 

それでも借金に追いかけられて眠れなくなる日々から解放されましたし、また一からやり直そうという気持ちになれました。物は失っても家族がいるので、頑張ろうと考えています。