安易に金融機関からお金を借りて債務整理に!

子供の頃からですが、もともと自分は浪費家ではありませんでした。欲しいものがあったとしても、自分のお小遣いやお年玉預金など、手持ちのお金の中で遣り繰りをし、無駄遣いをすることが好きではなかったのです。ところが、大学を卒業して正社員として就職した頃から、金銭感覚が多少狂ってきていたのかもしれません。

 

それは、学生時代のアルバイトで手に入れた少額のお金とは違って、数十万円単位で給料を受け取れたり、ボーナスが貰えたりして、大きなお金を手にすることが出来たからだと思います。それでも、最初のうちはそれほどどんどんお金を使ったわけではなかったのです。

 

しかし、手取りが多いということで友達の食事代をおごってやったり、自分で欲しいものをネットショップなどで注文するうちに、買い物依存症などのようになったのでしょう。気がつけば、翌月の給与を当てにして金融機関から借金を重ねていました。しかも、ある程度の信用の高い企業に勤めていることで金融機関からの信用度も高く、借りるのは簡単だったのです。

 

けれども、それこそ生活が金銭的な破綻へと一直線に突き進んでいた証拠でした。ついに首までどっぷりと深みに嵌り、最後は債務整理を法律の専門家に依頼することになってしまいました。