消費者金融の借り入れを債務整理した

消費者金融から借り入れをしていましたが、勤務先の業績悪化で給料が減ってしまい、支出の見直しだけでは対応できない状況になったので、債務整理をして対策することにしました。

 

信用に傷が付いてしまい、クレジットカードやローンの利用が困難になるデメリットは気になりましたが、消費者金融の金利は法定の範囲内でも高いので利息が大きいです。業績がすぐに回復する見通しもなく、返済を続けていても延滞になって信用情報に傷が付くことが予想できたので、それであれは債務整理で借り入れ残高を削減した方が良いだろうと判断しました。

 

債務整理を行う際に、弁護士にどのような対応が適切であるか相談しましたが、やはり借り換えなどでは対応が難しいということだったので、どの方法で行うのが良いのか検討しました。その結果、任意整理を行うことにしましたが、収入が途絶えているわけではなく、利息がカットできれば返済できそうだったからです。

 

法改正後の借り入れなので、消費者金融でも利息の払い過ぎは存在せず、借り入れ残高は減りませんでしたが、今後の利息を払わなくて良くなりました。無駄な出費ができない状態には変わりありませんが、月々の支払いも減らせて良かったです。